Home > 教務部 > 科目・教科 > キャリアサポート > 黄柳野高校 交通講話

10月10日3限目に 交通講話を実施しました。
この時間は、3年生キャリアサポートの時間にあたるのですが
交通講話ということもあり、学年全体を対象としました。
昨年に引き続き 愛知県警新城警察署交通課課長さまに来校していただき
開講しました。
高校生の皆さんは、卒業すると多くの方が 自動車運転免許を取得することとなりますが、その前に是非心得ておいて欲しい内容を依頼しました。
~「運転免許を取得するあなたへ」~
★交通心理テストおよび解説
★DVD「失われた命」鑑賞
自動車の運転を1つ間違えると、人を大きく傷つけたり、殺めてしまったり
する可能性があります。
運転免許取得者の責任や決意というのは大変重要だということを改めて
学びました。被害者への誠意が足りず、すぐ「保険屋に任してあるから」
「お金で・・・・・」という浅はかな対応をしてしまい、交通事故をさらに複
雑なものにしてしまうことが世の中には多々あります。
交通事故の加害者は、車を運転すれば 全くゼロではありません。
交通ルールを守るのは当然のことですが、車を運転することの責任も
しっかり心に備えることが大切だということを忘れないようにして欲しいと思
いました。
ちなみに 昨年愛知県の交通死亡事故は220名。単純に400家族が交通事
故によって苦しんでいることになります。

★シートベルト重要性
実際に人形まもる君を使っての実験

急ブレーキによって、後部座席のまもる君は前座席に額を打ち付けていました

時速7㎞でも、急ブレーキを踏むと体は浮き上がってきます

卒業後の安全運転 心より願っています。

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)