Home > 教務部 > GreatEarth > グレートアースダイナミック企画「四国最果てサバイバル&カワウソ探検隊」1日目

ニホンカワウソを求めて、高知県へ行ってきました!

今年度のダイナミック規格の参加者は7名。朝5時に起きて学校を出発しました。道中は、数日前の豪雨の影響で高知道が落ちてしまっていたり、途中の道のりも災害の爪痕がまだまだ残っていました。

1日目は、とにかくニホンカワウソについて学習を行いました。のいち動物園で、ニホンカワウソに近いであろうといわれているユーラシアカワウソを見学。園長さんから、ニホンカワウソがなぜ減ってしまったのかなど、講義もしていただきました。「保護されたニホンカワウソを、水を張ったたらいに入れていた。」
「ニホンカワウソだと持ってこられた死がいに大きい耳がついていた。」など、私たちがニホンカワウソについて無知だったためではないかという話を伺いましたよ。

また、須崎市役所ではニホンカワウソの毛皮?を見せていただきました。高知大学の町田教授からニホンカワウソの特徴を教えていただき、小さな耳や、水かきのついた手、水の中で推進力を生み出すしっぽなど、実際に確認をさせていただきました。

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)